めまい解消ナビ TOP >> めまいの種類 動揺性めまい

動揺性めまい

動揺性めまいは自分の体や頭がグラグラと揺れている感じがしたり、フワフワしたりするのが特徴です。船酔いした時のようになり、まっすぐに歩いているつもりでも片一方に寄ってしまいそうになります。また、実際に歩くとふらつくことも少なくありません。回転性めまいと似たような症状が起こります。

慢性的な回転性めまいから起こるもの、薬物によって起こるもの、視力低下によって起こるものなど様々です。原因としては脳にトラブルがあることなどが考えられます。ひどい場合は失神することもあります。平衡器官がある程度広い範囲でおかされた時に多く、歩いてフラフラする場合は小脳の障害であることも考えられます。

さらには左と右の両方の脳や耳に病気がある場合も考えられます。生活習慣病を持っている場合は、高血圧や糖尿病などによる動脈硬化に繋がります。そのため、これらの生活習慣病お持ちの人は、注意が必要です。

肩こりに関係しためまいは、ふわふわする動揺性めまいで肩こりや首のこりに関係が深いため、頚性めまいと言われることもあります。動揺性めまいの中にはゆるやかに進行する脳神経の病気が原因である場合もありますが、通常の動揺性めまいとは異なります。動揺性めまいは吐き気を伴う事がありますが、嘔吐するような事はほとんどありません。中高年で急に動揺性のめまいが起こった場合は、脳卒中を考える必要があります。すぐに脳CTやMRIなどの検査を受けるようにしましょう。


めまいの種類