めまい解消ナビ TOP >> めまいと病気 一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作というのをご存知でしょうか。脳の細小動脈が一過性に詰まったり、細くなって血液の流れが減少して起きる脳卒中の一種の病気です。これはめまいが起こっても1日以内に治るのが特徴の病気です。

通常めまいは回転性・非回転性のどちらもあり、めまいの症状だけでなく、手足のしびれ・麻痺や言語・視力障害を伴います。そのため、これらの疾患は脳梗塞の前兆と考えることも出来ます。しかし、ほとんどの場合めまいなどの症状は数分から数時間で治まります。症状が治まる理由は、血栓が溶けて流れたり、減少した血流が回復して血管の狭窄部分の先に血液が流れるためです。

症状がすぐ収まるからといって疲れていただけだと軽視してしまうことも多いですが、1度血栓が出来て血流が途絶えると再び同じことを繰り返しやすくなり、数年以内に20〜30%の確率で脳梗塞を発症するとも言われています。注意しなければなりません。

適切な対処をすることで脳梗塞を防ぐことが出来ます。めまいと同時に手足のしびれ・麻痺、言語・視力障害を伴い、その症状が数時間ほどで収まった場合は、一過性脳虚血発作を疑うようにして下さい。そしてすぐに病院を受診するようにしましょう。早期発見が大切ですから早めに検査してもらうようにして下さい。

高血圧を併発している時は、細い血管の動脈硬化による血管狭窄が進み、より血管が詰まりやすいと言われています。高血圧の人はさらなる注意が必要です。


めまいと病気


アングリッド
アングリッドならチョコアで!