めまい解消ナビ TOP >> めまいとメニエール病 メニエール病

メニエール病

メニエール病をご存知でしょうか。メニエール病は内耳からくる回転性めまい、難聴、耳鳴りなどが連動して起こります。これを発作的に繰り返す病気です。耳の内耳というのは、骨と膜の二重構造になっていて膜の内側はリンパ液で満たされています。

しかし、リンパ液の調整が何らかの原因でうまくいかず、過剰になってしまうと内リンパ水腫をつくります。そうすると神経が圧迫されてめまい、耳鳴りなどの症状が現れることになります。これがメニエール病です。

メニエール病は、突然周囲がグルグルと回転するような激しいめまいに襲われることが特徴です。それと同時に吐き気や嘔吐を伴うこともあります。初期の頃はめまいの発作時に耳の閉塞感や圧迫感など耳が詰まったような感じを受けることが多いですが、めまいを繰り返しているうちに耳鳴りや難聴を伴うようになります。そして次第に発作時以外にも症状が残るようになります。

メニエール病の頻度は様々なので一概には言えませんが、一回のめまいの発作が約30分から数時間程度続くことが多いと言われています。特に30歳から50歳に多く見られ、子供でも稀に起こります。ただ、めまいがすべてこのメニエール病と関係がある訳ではないため、専門医の診察によって分かるでしょう。

また季節の変わり目、低気圧や前線の接近などで発作が起こりやすいことも分かっています。耳の病気が原因の耳鳴りやめまいが全てメニエール病というわけではありません。あくまでメニエール病は耳鳴りやめまいの原因となる耳の病気の一つである頭の隅に置いておくようにしましょう。


めまいとメニエール病


rich dad office
リッチダッドオフィスのHP 金持ち父さん貧乏父さんや不労所得について